絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

出産記録(産後処置)

12月8日

5時35分出産

胎盤が出きって初めて出産終了です。陣痛が始まってから胎盤が出るまでを出産時間と言いますが、私は6時間9分でした。
初産なのにかなり早いです。早かったから余計に痛みが強かったらしい。
次はもっと早くなるから気を付けてと言われました。

ともあれ、痛い出産でしたが、お産が早かったのもあってか、これだったらまた産んでもいいかなとこの時は思えました。(実はその後の方が辛かった)

赤ちゃんが体をふかれたり体温を上げるための処置を受けてる間
「ちょっと裂けた所縫うからね~」
と傷の縫合が始まりました。これがひどく裂けたらしく、縫合がなかなか終わらない(泣)
もちろん麻酔をしてから縫合するのですが、奥の方はそれでも痛くて、陣痛と同じくらい叫んでました。
あまりに私が痛がるので痛み止めの注射を打ちました。
縫合されてる私の傷口をみながら
「うわぁ。痛そう…」
と旦那が目を背けてました。出産って立ち会う人はまた違う意味で大変ですよね。
痛みどめの注射を打っても、結局痛いのは痛い。

「まだですか?」
「うーん、結構いっぱい裂けてるからねぇ…」
おいおい、ちょっと縫うって言うから本当にちょっとなのかと思ったのに違うんかい!などと思いつつ、結局1時間くらい痛みに耐えつつ縫合されてました。

どのタイミングか忘れましたが、カンガルーケアもしました。

生まれてきた赤ちゃんは2380gで、妊婦健診の予想体重よりも低めでした。
「胎盤が小さくて大きくなれなかったんだね」
と言われた。普通の人の胎盤が500g以上あるのに対し、私のは300gちょっとくらい。
エコーでは分からなかったけど、私の胎盤、そんなに小さかったんですね。
「小さい胎盤にしては、しっかり大きく育ってるよ」
とも言われました。
「未熟児ではないのですか?」
と聞くと
「2500g以下は未熟児になるんだよね」
との回答。
実際は低体重出生児という事になりました。

小さい胎盤で申し訳なかったなという気持ちと、それでも一生懸命育ってくれたんだなと思い
「頑張ったね」
と赤ちゃんに話しかけてたら、助産師さんに
「お母さんもね」
と言われて一瞬「私は何も頑張ってないのに」と素で考えていた。
でも、私だって十分頑張ったんだったという事にすぐに気が付きました。 

産んですぐはまだ自分の子という感覚が無くて不思議な感じでしたが、温かくて小さい赤ちゃんを胸に抱いた感触は未だに忘れられません。その時の記念写真が残ってますが、赤ちゃんも疲れ切った顔をしています(笑)

生まれたばかりの新生児の頃の赤ちゃんって、どこか違う星からやってきた妖精みたいだなと思ってました。
なんか色々と人間離れしてるし(笑)
新生児は宇宙人という表現をよくされるけど、その宇宙人を人間にするのは大変でした。

さて、その後の入院生活編も、気が向いたら書こうと思います。
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。