絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

憧れの海軍

lb017.jpg
海軍シリーズ、描き終えました。残り3話、これから1日ずつアップしていきます。
ポール、適当に命名しました(笑)
そして、本編より少し時が進んで就職してます。
ルシカはその頃、警官見習いとして警察学校へ通っているでしょう。リンドールへ一人旅立ちました。
パパとユウリだけアルシェンナで暮らしてます。

制服に憧れて海軍に入ったものの、支給された服はセーラーだったという…
頑張ってそれなりの階級へ上がれれば、憧れのブレザーが着れますが、しばらくはセーラーですね。

ちなみにロジャーやヴィクトリアは海軍大学を出て少尉からスタートしてるので、セーラーの時代はありませんでした。
ヴィクトリアはエラそうにしてますが、実は割と新人です。

海軍ってどこの国でもそうですが、陸軍や空軍と違って、制服でまで明確に階級が区別される上に、風呂やご飯などの居住空間まで明確に分かれてたりして、割と序列に厳しい方かもしれません。
陸や空は、たぶんもっと、ざっくばらん…?

レオール海軍では、少尉以上の人は貴族出身の人が多いです。
ヴィクトリアも由緒正しい名門貴族の家系で、家族みんな軍人。
ロジャーは平民なのでちょっと肩身が狭い(笑)

ちなみにこれは現実のヨーロッパの話ですが、貴族が軍人をやっていた時代、軍人としての稼ぎは本当に少なくて、単なる名誉職だったらしいですね。結局は資産がすべてなんでしょうかね、貴族って。

レオール軍の給料はどうなんでしょうね。
ルシカの家の感じからすると、普通に家族を養っていけるくらいは稼いでるっぽいですが。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。