絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋休み♪江田島旧海軍兵学校見学ツアー

1110016.jpg
いよいよ、最終日。この日はまたフェリーに乗って江田島へ行きました。
ちなみに彼は仕事が忙しいと一足先に江田島へ戻ってしまいました(泣)
一人旅となりましたが、彼の職場を見学に行く事にします。

呉から江田島の小用港までフェリーで20分、そこからバスで術科学校前まで行きます。
術科学校前で降りても市庁舎みたいな建物しか見えなくて何処に学校があるのか分からなくて焦った。
妙な小路に入り込んで迷子みたくなったけど、素直にバス停の道に戻り、そのまま道なり降りてったらすぐに「海上自衛隊第一術科学校」の門まで着きました。

が、本当に見学できるのかドキドキした。
門の前に自衛官さん(守衛さん?)立ってるし、勝手に入ってったらしばかれるんじゃ…と思いつつ「見学したいんですが」と行ったら、30分前から受け付けだから、時間まであそこで待っててと言われました。
「あそこ」というのは学校の目の前の「ふるさと資料館」なのですが、全く土地勘が無いため、またしても「学びの家(?)」とかいう別の資料館に行ってしまったりするw
時間になってもう一度学校へ行ってみると、何人か見学者が受付をしてました。
ちなみにここ、あくまでも学校なので見学者の服装にも制限があります。キャミソール、丈の短いスカート、成人男性の短パン、ダメージジーンズ等はNGだそうです。ゴスロリとかもダメでしょう。
受付がすんだら、後は集団行動となって、自衛官OBのおじちゃんにガイドして貰いながら敷地内を歩き回りました。

1110011.jpg

幹部候補生達の入校式や卒業式を行う建物だそうです。かなり立派。
旧海軍兵学校と言ってますが、今も使ってる施設です。

1110012.jpg
中はこんな感じ。かなり音響が良いです。
かつて昭和天皇とかも来たらしいです。

1110014.jpg
幹部候補生学校。
海上自衛隊の幹部になる人達が必ず入る学校です。学校の前の砂利が綺麗に掃いてあって、寺の日本庭園みたいにスジが入ってるんです。見学者達が知らずに踏んでましたが、朝夕学生さん達が掃いてるので、あまり踏まないであげてと言われましたw物陰から学生さんが見てるかもしれませんよと(笑)

1110013.jpg
土曜日なのに訓練してました。
そんな訳で向こう側には行けませんでしたが、奥に桟橋があって、幹部候補生学校を卒業するとそこの桟橋から数カ月の遠洋航海に出るのだそうです。

1110015_20111003223051.jpg
教育参考館。
海軍誕生から太平洋戦争終戦までの貴重な資料がずらりと入ってる所。
一番の見どころですが、30分しか時間がもらえません。かなり駆け足で興味の無い部分は容赦なく飛ばしながら見ないと、とても全部見切れません。
ここで藤田嗣治と横山大観の絵が見られたのはすごく嬉しかったです。
あと、日露戦争時代の陸海軍将校達が書いた寄せ書き的なモノが展示してあって、秋山好古、真之兄弟や森鴎外等々凄い方々達の達筆なサインが並んでいたのですが、真之だけ鯉の絵が描いてあったのが良かった。(文字は無しで絵のみ)この人のこういう所が好きだなぁと思ったよ!

あとは、戦死した方々の遺品とか遺書とか。
こういうのを見るのは辛いですね。好き好んでみたくないんだけど、またしても見てしまったなぁ。
原爆資料館程の悲惨なモノは無かったですが、ちょっとでもクレームが来ると全部仕舞ってしまうので置いてないのだそうです。

ガイドさんも通常の博物館とは違いますからと言って、一礼してから中に入ってました。
何というか、神聖な場所ですよね。

以上、すべての見学所要時間は1時間30分程。結構ボリュームあります。
無料で見学できるので、一度行ってみるとそれなりに楽しいかもしれません。
自衛官さんの世界とか普通未知の領域ですからね。

近くに軍艦があるわけでもないし、雰囲気は普通の大学とかとあまり変わらないなと言った感じでした。
上記の様な施設が立派ですけど。

この後は呉に戻って大和ミュージアムでも見ようかと思ってたのですが、江田島を出たのが14時30分。時間切れでした。それから真っすぐ家に帰って、帰宅したのが21時30分頃でしたとさ。







スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なななな!?

うわさの彼は自衛官?!

僕は一時期、志願しようかと思ってたときがありました。
資料も取り寄せたんですが、結局やめました(;´∀`)
少し調べたりしまして、大学校時代もかなり規律が厳しいようだと知りました。(やめた理由はそれではありませんけどw)

それにしてもすごく立派な建物ですねぇ・・・・(遠い目
国防の徒、かっこいいですね☆

14時30分に現地を出て21時30分頃帰宅と言うことは
鈍行のたび?車?だったんしょうか?
とにかく長旅お疲れ様でした♪

他の旅行レポも読んできますね☆

しゅみ | URL | 2011-10-10(Mon)23:40 [編集]


しゅみさんへ

しゅみさん、自衛官に志願しようとしていたのですか!
ちょっとびっくりです(笑)
彼は海上なので海の事しかわかりませんが、幹部候補生学校は、かなりキツイみたいですね。

こういう仕事は、向き不向きがかなりある仕事ですよね。
彼は大変そうながらも、結構楽しそうに仕事してるので、きっと向いてるんだと思います。話を聞いてると、ただキツイばかりの仕事じゃないみたいですし。

明治時代の海軍兵学校の頃からの建物なので、かなり立派です。昔の人の方が立派な建物作ってますよね(笑)

江田島からは、フェリーと電車で帰りました。
広島→群馬は新幹線を使ったのですが、呉→広島の移動と東京→群馬までの乗り換えで結構時間かかりました。

旅行レポ、読んで下さって有難うございます♪

天野はるか | URL | 2011-10-13(Thu)23:01 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。