絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

坂の上の雲

坂の上の雲を読み始めました。
何年か前から年末限定で大河ドラマやってますが、今まで見てなかったんですよね。
戦争モノは無条件で嫌いだったので、鼻から興味無かったんですが、何カ月か前に三笠公園に行って日本海海戦あたりのディープな資料を見たり、海上自衛隊のお祭りで軍艦を見てきたり、彼氏が一生懸命戦争(戦術??)関係の本を読んでいるのを見てたら、今まで知らなかった世界を知りたくなったというか、近現代史にも興味が湧いてきました。

そんな時に、ドラマ坂の上の雲の再放送をやっていたので見てみたのです。
で、、

淳さんが好きだ!!!←
もっくんのまつ毛がたまらん(←そこ?)
(おくり人の時も思ったのですが、もっくん体型がすごくステキだと思う)
制服カコイイ!兄弟ものたまらんっ
つー訳で、しっかりハマってますw

戦争嫌いとか言ってる割に、新撰組が大好きなので、幕末だけは中学の頃から好きだったのですよ。
そしたら坂の上の曇って、幕末のすぐ後の明治時代の話しじゃないですか。
幕末だけはやたら詳しかったおかげもあり、すんなりと話に入れました。

ドラマは最初の方見逃してしまったので、補填する形で小説を図書館から借りてきて読みはじめました。
ドラマの方が映像がある分、戦争のシーンが生々しいですね;
でも日清戦争が始まった辺りからが凄く面白くなってきたと思う。
戦争モノ、太平洋戦争で庶民が悲惨な目に遭う様な形の話しはうんざりなのですが、こういった視点からの話しだとまた面白いと思う。軍人の視点で各国の策略云々みたいな。
そういう歴史を歩んできたのかーと言うのが分かりやすいし。

司馬遼太郎の作品はかなり史実に忠実なので、歴史書あさって勉強するより、小説読んだ方がすんなりと歴史が頭に入ります。しかも読みやすいと思う。あの淡々とした文体好きですよ。
で、小説でサラっと流してる部分をドラマでしっかり演出してる辺りが堪らない。
原文が淡々としてる分、想像(演出)の幅も広がるんですよねー。
昔「燃えよ剣」の同人誌があったのを思い出したw

ドラマも今年でいよいよ最終章みたいで、楽しみです♪

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。