絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気づき考え…

小学校の頃、「気づき 考え 実行する」事のできる人になって下さいと担任の先生がよく言っていて、以来その言葉を忘れた事はありません。

何をするにしても、常に何かを得たいとは思ってる。

よく雅さんがライブのMCで「ライヴが終わったらここにいるみんながそれぞれ主役なんだから、是非何かを得て帰って下さい」という様な事を言っているのですが、私もいつもそれは思っている事なんですよね。

わぁ良かったー!
の他に、雅さんが何を伝えようとしているのかってのは考えるし、ああ、そうかと思ってみたりして、まあ、それなりに何かを得ているとは思うのですが、それで何をするのかって言ったら、せいぜいまたライヴに行くくらい。

美術館にしてもそうなのですが、その作品に、時代時背景に、作者に思いを馳せ、すごいなぁと思い、いろんな知識を得て、それで何をするのかと言えば…また美術館に行くくらいです。

クラシックのコンサートであれ、読書であれ…得たもので何をするのかと言うと、同じ事を繰り返してるだけなんですよ。「気づき 考え」の永遠の繰り返し。

極端な話、海外旅行もそう。
遠くの国に行って、世界は凄い!と価値観が広がったところで何をするのかというと、今度は違う国に行ってみたりするくらい。

私の場合、少しでも自分の作品に生かせればと思うのですが、所詮それも趣味の範囲なので、だから何という程の事でも無いわけで。

ライヴやコンサート、美術館、読書、海外旅行…これらを繰り返す事によって知識や感受性はどんどん深まるだろうが、深まったところでただ同じ事を繰り返していて何か意味があるのだろうかとふと思ったりした。

一方で、何か意味がなくちゃいけないのかと思ってみたりもした。

ライブなんて所詮、思いっきり暴れて叫んであーすっきり!でいい様な気もするし。
美術館や海外旅行にしても、わぁ綺麗!面白い!楽しい!
もう、それだけですごく意味があるし十分なんじゃないかと。

ところででライブや漫画アニメに傾倒してて、エレキギターを弾いたりなんかしてると単に遊んでるイメージがあるけど、クラシックコンサートやファインアート、純文学等に傾倒してて、ピアノなんか弾いちゃったりしてると何かすごく意義がある事してる様なイメージがあるし、事によっては偉いねなんて言われたりするよね。

でも私に言わせりゃ、仕事じゃないならどっちも遊びであり、意義のある事なんだと思う。
実際私は上記の全部に当てはまるしね(ギターは挫折したが)

最後に一人の創作家としての考えなのですが、
私は自分の作品全てに何かしらメッセージを込めているし、そこに何か感じて欲しいとは思ってます。
でも、単にあー面白かった!と一瞬でも思って頂けたらもう、それで十分な気もします。
創作時においても、メッセージ云々もあるけど、創作しながらあー楽しい!って思えなくなったらおしまいだと思うし結局のところ作り手にしろ受け手にしろ、本能でどれだけ楽しめるかってのがポイントな気がします。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。