絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Flowers 生と死について

漫画の更新が2月末からずっと止まっているので、もうやる気が無いのではと思われそうですが、漫画は描いてます。今回は「桃の花」なので、ローザン・ジャクリーヌとは作品の発表の仕方を変えようと思いまして、8月のコミティア終了後にまとめて一気にアップします。

次回「桃の花」は10P前後の物語2本立てです。2本立てのうち1本は完成しました。
もう1本も完成したら予告をHP上でアップしたいと思います。遅くても8月の休み前までにはやりたいところだが…。

HPは更新が命なのでこのように長期間更新が無い状態にしておくのはどうかとも思うのですが、かといって小出しに1Pずつ漫画をアップしてしまうと作品としての面白さが薄くなってしまう感じが嫌なんですよね^^;
ローザン・ジャクリーヌの方は長編なので、割り切って描きあがり次第の更新にしてますけど。
まあ、はやく「桃の花」をあげろって事ですね。頑張ります。
通販の方もなかなか準備できなくてすみません;
在庫数えてアップするだけなんですけどね。

昨日は映画「FLOWRES」を見てきました。そんな大々的に宣伝されてないし、単なるフェミニズム的な映画みたいな印象になってますが、実際はすごく奥の深い素敵な話でした。生きる事・命そのものの在り方について考えさせられます。途中から涙が止まりませんでした。女性の生き方がテーマの様でもありますが、特に女性だけに特化してる印象は受けませんでした。いろんな方に見てほしい映画です。

ここ最近「命」についてはすごく考えてます。
去年会社関係で亡くなった方がたくさんいまして、すごく身近な人ってわけじゃないんだけど、それぞれ思う事がありました。
ひとりは、私とほとんど歳の変わらない人の突然死。過労が原因ではと言われてました。
もうひとりは、同じフロアーで働いてて数年前に定年退職された方。
若い…という訳ではないですが、まだ死ぬには早い歳だったのではと思います。
娘さんが同人誌とか描く子だったみたいで、漫画の話とかした事もありました。
そしてもう一人は、会社の先輩であり友人である方の双子のお兄さん。
チラッと顔を見た事もありました。

無くなってから3ヶ月後くらいにその時の事、その後考えた事などがブログに書いてあって、読みながら大泣きしてしまいました。自分と同じ顔の人間が苦しんでる姿を目の当たりにしてしまった時の衝撃、ひょっとしたら自分も…という恐怖。意識の無い兄からテレパシーで何か受信できやしないかという期待と出来なかった時の落胆。
それだけではないのですが、双子となるともう自分の分身みたいなものだし、そういう存在を亡くすというのはとてつもない事なんだと思いました。

よく「死にたい」と簡単に言う人がいますが、死ぬ事を考える事は同時に生きる事を考えてる事だと思っています。本当に死ぬ気でいたら周りにそういう意思表示はしないと思いますし。

口に出した事も書いた事もないのですが、実は私も「死にたい」とか思う方です。
死にたい程の事が起こったとかそういうわけではなく、ちょっとした事に絶望してしまって、自分の何もかもが嫌になってしまう状態です。
「死にたい」とかそんな事考えてる自分も嫌なので、そんな時は今から24時間後に本当に自分の命が終わると仮に想像します。次に、24時間で何が出来るかを考えます。死ぬまでにはやっておかないといけない事が結構あります。
そんな事考えてるうちに、アレも出来なかったコレも出来なかったと思い始めます。
すると、結局自分は死を望んじゃいないって事に気づくわけですね。

最近は逆に「生きる事」についてよく考えます。これから先はより自分らしく生きたいと思ってます。やりたい事やってみたい事は全部やりたいし、今やってる事に対してはもっと完成度を上げて行きたいと考えてます。

で、最近気が付いたのですが「生きる事」について考える事は「死ぬ事」を考える事でもあるんですよね。
どうやって生きるかを考える時に同時に死についても考えたりします。
生きるから死ぬ、そしていつかは死ぬのだからそれまでは精いっぱい生きる。そういう事なんだと思います。

ひとつ言えるのは、生きたくてもそれが出来なかった人が沢山いるって事。
そういう自分自身も100まで生きるつもりでいて、数時間後には死んでいる可能性だってあるわけです。

結局、今を精いっぱい生きるって事ですね。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。