絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

ケントブロック

08-08-25_20-03.jpg
ローザン・ジャクリーヌはこんなケントブロックで描いてました。
B5サイズのケント紙がブックレットになっているので、ペン入れあたりからビリっと破いて使ってました。コマとコマの間に隙間が無いのは、枠線ガイドが無いので描きやすい様に描いた結果だと思う。
そういえば隙間ないなぁと、最近になって気がついた。

あっという間にケントブロックが終わってしまったので、新しいの買いに行ったのですが、漫画用原稿用紙の方が全然安かったのでそっちに変えました。WEBにアップするだけなんだから、なにもA4サイズじゃなくてもいいし、ガイドとかもスキャンに出てしまうので必要ないんですけどね。
漫画用原稿用紙って何気にケント紙ではないのですよね。だから安いのかなぁ。

そもそもこのケントブロック、ほとんど漫画に使ってしまいましたが、本当はイラスト用に買ったものなのです。鉛筆で描いたり消したりを何度も繰り返しても簡単にはダメにならないので、ラフから仕上げまで同じ紙でやってしまう私には非常に使いやすい紙です。ちょっとくらい濡れてもシワにならないし。
着彩もきれいに出来るんだろうけど、実はまだやったことありません。鉛筆で線画を仕上げた後はスキャンしてPCで着色しているので、スキャンしただけの下書き鉛筆絵はせっかくよい紙使っているのにもったいないなぁという感じがしています。

CG絵描きさんって、下書きもPCでやっているのかな?私みたいに線画だけアナログで作成してスキャンしているタイプの絵かきさんってスキャンが終わった原画をその後どうしているのか気になる所です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する