絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

桃の花 32話

080107.png

 今日で休みが終わりました。でも、今週は3日会社に行ったらまた3日休む予定。金曜日は有給です。まぁ、あした申請出すんだけど。夜に4年くらいに会ってない友達と食事の約束してるから、何が何でも休みます。ついでに東京で一泊してくるお。
美術館とかいろいろ行こうかと思ってたんだけど、ちょうど今上野の企画展は、いろいろ終わった所っぽい。他になにかやってないか探してみようかな。

昨日は、奏楽堂でコンサート聴いてきました。
単に小林研一郎氏のベト9が聴きたかったから行ったんだけど、ちょうど芸大創立120周年記念コンサートというやつだったので、聴いてる人はみんな芸大関係者ばっかりでした。ぴあのチケット持ってきた人なんて、私以外誰もいなかったかも^^:チケット出すの恥ずかしかった(笑)
うっかり芸大の偉い先生方や、卒業生及び在校生の方々の中に紛れてしまい、私も黙ってりゃ芸大の学生かなんかに見えるんだろうかとか思いつつ、なんだかぞくぞくしました。
オケのメンバーもすごいの。みんなどこぞのオーケストラのコンマスとか首席とかばっかり。小林氏もあまりの凄いメンバーに震えが来ましたとか言ってる始末です。いや、そういうあなた自身も、震えが来るほど素晴らしいですよって感じなんですが。
芸大の指揮科の学生さんは、小林氏から指揮を教えてもらえるんだから、いいなぁとか思ってたら、募集人員たったの二人なんですね。確か、美術学部の日本画科も募集人員10人くらいだったけど。
あの学校が凄さを改めて感じました。あの学校に入れるくらいなら、そりゃプロでも一流になれるでしょうよ。

で、演奏の方ですが、奏楽堂はなかなか良いホールでした。あの小ささがいい。
第九はでかいホールでしか聞いたことがなかったので、迫力が全然違いました。
小林氏の指揮は、休符の取り方がものすごい絶妙だと思いました。
重々しくてパワフル。単純に指揮の仕方も面白い。とび跳ねたり、後ろを振り返ってみたり。しかも、ものすごい丁寧ですね。
オケのメンバーは、一人一人が秀逸とは言え、寄せ集めのメンバーなので、ちょっとまとまってないなと思う部分が多々あったのですが、勢いで乗り切った感じです。
やっぱり、年末のマラソンコンサート、高い席でも行っておけば良かったなぁという気分になりましたよ。DS買えるくらいの値段だったとはいえ。
奏楽堂でやってるコンサートは、基本的に値段が安いみたいです。演奏者が学生主体になるので、当然かもしれませんが。
今度は旧奏楽堂にも行ってみたいなぁ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する