絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桃の花 20話

070926.png


そもそも一流の画家になるような人は、一流の学校に行ってるわけですよ。学校からして2流以下だったら卒業後も一流になるのは難しいと思われます。
京介は現役で芸大合格したわけだけど、もし落ちてたら画家は諦めたと思う。てか、親に反対されているからには学費を自分で工面しなきゃなんないので、芸大以外の美大の学費なんて払えません(笑)

私も美大出ているのですが、4年通いたいなら芸大にしなさいと親に言われました(笑)うちの親ったら、芸大がどういう学校なのかまるで分っちゃいないんですよ。まあ、芸術に関心のない世の中の人々の認識なんて、案外そんなもんなのかもしれません。

私は地元の3流芸術短大にでも行ければ、それで満足だったのですが、ある時美術の先生から、美大に行くなら東京5美大と言われているところに行かなきゃ意味がないと言われ、5美大の中でも女ばっかの美大に行くことにしたんです。そこがべらぼうに学費が高かったために短大部に行くことになったんですが、武蔵野の美大の方が断然学費が安かった事に最近になって気が付いて、そっちにすれば良かったなぁとか、ちょっと後悔してました。そのうち、いくら5美大と言ったって芸大には各段に劣るし、そもそもまともな芸術教育を受けたいんだったらやっぱり芸大に行ってなきゃ意味がないよなぁという事に気が付き、芸大に行きたかったなぁという思いが今更ながら込み上げてきたりしてました。そうなったらもう、死に物狂いで受験の準備に励まなきゃなんないし、その挙句受験に失敗して結局女ばっかの短大に落ち着くのがオチなんだろうけど、そうやって死に物狂いで頑張るって事事体時にも意義があったんじゃないかと思えるんです。

5美大と言っても一番ぱっとしない学校のしかも短大部、という事で、私はどうもいまいち堂々と自分の学歴を語る事が出来ずにいます。
自分の絵に自信がないというのも一つあります。堂々と出身学校を名乗ったなら、それを見た人から、ああ、5美大出ててもこの程度ね。と思われるに決まってるんですよ。もしくは、5美大といってもあの学校のしかも短大部かよとも思われると思う。

こんな漫画描きだしたからだと思うんですが、最近になって、短大の教授(陶芸家でした)の個展に行く夢を見たんです。久々に教授にお会いして、卒業後何をしていたのかとか話す事になるんですが、自分が普通に会社員やってる事に罪悪感を感じてしまいました。
私が短大に在籍していた2年間は芸術家を志してたはずだし、また、技術はアレだったけれども、今より余程芸術家らしかった気がしました。

私が通った女ばっかの学校は、芸大が男子しか入学出来なかった時代に、女子が芸術を学ぶ学校として創設された学校で、私が学校に在籍していた時に100周年を迎えた歴史のある学校です。
女子が通える最高峰の芸術学校が、あの学校だったわけで、当然一流の女流芸術家の多くを輩出している学校です。その方々と同じ学校で学んだんだと言うことを忘れていたんだなと思いました。(在籍中もあんまりそういう有り難味みたいなのは感じてなかったし)
そんなわけで、自分の出身校や自分の学歴にもうちょっと誇りを持つ事にして、もうちょっと創作するということに対して真剣に取り組まなきゃなんないなと思ったのでした。

話変わって、今になってそろそろハロウィン絵を描かなきゃやばいと言う事に気が付き、創作中であります。
そんなわけで、この漫画の方はしばらくのんびり更新になりそうです。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。