絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

桃の花 14話

070914.png


京介の絵の内容については、あまり深く考えないで下さい。
ひとまず、絵っぽいの描いてみただけなんで(笑)

院展です。あくまでも漫画なので、院展っぽい別の展覧会っていう設定にしておいて、「日本美術院賞」てのもそれっぽいほかの名前にしちゃおうかと思ってたのですが、それっぽいのは大体既に存在してたので、結局そのまま使ってます。その方が分かりやすいしねー。
でも、私は日本美術院なんかとは何ら関係ないし、この漫画も全くの架空のものである事をご理解頂きたい。…と一応書いておきます。

参考までに、院展のしくみの様なものを続きで書いておきます。
漫画の中では詳しく語らない予定ですが、頭に入れておくと、よりお話が分かりやすくなるような、そうでもないような…(笑)

ちなみに、院展の東京展は16日までですよ。東京都美術館です。
その後は、

京都(京都市美術館)
・大阪(大阪市・大丸心斉橋店)
・山形(山形美術館)
・秋田(秋田県総合生活文化会館・アトリオン)
・横浜(そごう美術館)
・岡山(岡山市・天満屋)
・広島(広島市・福屋)
・名古屋(三越名古屋店)
・富山(富山県民会館美術館)
・島根(今井美術館)
・北九州(北九州市美術館)
・松山(三越松山店)

と、来年5月までかけて地方巡回します。開催日程まで書く気力なし(笑)院展のHPはないのですが、それぞれの会場のHPはあると思うので、そこで調べて下さい。
お近くまで院展が巡回してきた際には是非ー。
(私は院展のまわしものか)

「院展」とは日本美術院が主催している日本画の展覧会で、春の展覧会と秋の展覧会があります。メインは秋の方で、一般に「院展」と言ったら秋の方ですな。作品のスケールも春より大きくて見応えもあります。

一般に公募展と認識されてますが、公募しているのは一般の部のみで、あとは審査を経ずに出品される同人の部になってます。

主な賞

内閣総理大臣賞
文部科学大臣賞
日本美術院賞(大観賞)
奨励賞

参考までに、今年の応募数など…

応募点数・・・652点
入選点数・・・269点
同人出品点数・33点
出品総点数・・302点

受賞
内閣総理大臣賞・・1名
文部科学大臣賞・・1名
日本美術院賞・・・2名
奨励賞・・・・・・14名


また、院内では出品者に序列を設けてます。低い方から並べるとこんな感じ↓

一般
研究会員
院友
特待
招待
同人

昇格の基準は不明。単純に賞をとれば地位が上がるっていうわけでもないっぽい。それもひとつの基準ではあると思うけど。

地位が上がれば、入選・入賞しやすくなるということは無く、むしろ序列の高い者ほど弛まぬ努力を要求されるそうで、例えば同人作家は特別な理由の無い限り毎回出品しなくてはならない、などという決まりがあるんだそうです。
確かに、同人作家の方の作品はどれも、奨励賞あたりの作品よりも断然素晴らしいんですよ。内閣総理大臣賞と文部科学大臣賞の2名以外は誰も同人作家で受賞してた人はいなかったと思ったけど。…すごい世界です。
漫画家なんかは、偉くなっちゃうと自分は下書きだけ描いてあとは背景から何までみんな弟子に描いてもらっちゃうなんてのは、よく聞く話ですけど、日本画の世界では、偉くなっても楽は出来ないようです。

京介に受賞させる賞は当初は奨励賞あたりにしておこうかと思ってたんですが、どうにも中途半端な気がして日本美術院賞にしました。
この時京介は30歳なのですが、実は奨励賞でも30で取れればかなり凄いんです。日本美術院賞ともなれば、とんでもない快挙ですよ(笑)でも漫画なので、それくらい極端でないとね。

京介のおとんが生前に院展に行ってる設定なので、きっと23歳か24歳くらいの時に初入選したんだと思う。そこから連続入選してる設定。奨励賞は何回か受賞済み。日本美術院賞は、さすがに初めてです。近いうちに同人に推挙されるであろうこと間違いなしです。

ちなみに、30代で同人作家になれる人は、ごく稀です。普通は40代とか50代とか。50代だとちょっと遅いのかな…?絵の世界では、30代なんてまだ若造なんですね。
ちなみに、歴代の日本画家で最も若くして同人作家になった人は24歳だと思った。すごい昔の人です。現代だとまず考えられないなぁ。

最後に、横山大観が日本美術院の綱領として残してる言葉でこんなのがあるんですが、ちょっといいなぁと思った。

「日本美術院は藝術の自由研究を主とす。教師なし先輩あり、教習なし、研究あり」

私は日本美術院の人間ではないけど、あらゆる物事に対して(むしろ人生そのものに対して?)こういう考えをどっかで持ってると思う。





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。