絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デッサン風

060622.jpg

 今日は疲れたので適当な鉛筆画にしてしまえと思ったのですが、描いてたら楽しくなってしまい、こんなデッサン風の絵になってしまいました。たまにはこういう絵も楽しいのう。
しかし、線を適当にひき過ぎてしまい、汚い絵になってしまった…。鉛筆デッサンの場合、線の1本1本まで神経を集中して描かねばいけないのだった。
高校の時、ダ・ヴィンチのデッサンを模写してみた事があったのですが、あまりの超絶綺麗っぷりに感動したものです。あんな線をひける様に頑張ろうと思ったものだった。
オエビ絵だと、やばい線をひいても後戻りが出来るので結構適当に線ひきながら仕上げてるのですが、アナログだと修正効かないんだったなぁと思い出したよ。近頃すっかりCG癖が付いてしまい、アナログ絵を描いてるのに「戻る」ボタンを探しそうになる自分がいて怖い(笑)

 ちなみに鉛筆デッサンでは、石膏像を描くのが好きでした。機会があれば、また石膏デッサンとかやってみたいものだけど、もうそんな機会ないだろうなぁ。
今考えてみると、デッサンって1枚の絵を仕上げるのにだいたい6時間くらいかけてたんだよね。受験の時は4時間だったかな? 今考えるとすげぇ。
ちなみに、石膏デッサンで一番描くのが好きな場所が唇でした。鼻の穴もなかなか好きだったな。超美形の石膏像の鼻の穴をなぞる瞬間ってのは結構快感です(笑)

 今日単発で拍手くれた方々、有り難うでした!
時間差でエネルギー補充してもらった気分です(笑)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

デッサン・・!

はるはるの学生時代・・!確か芸術系の学校(大学)でしたよね・・?
デッサンに6時間も・・!!そんなにかけて描くから名画がうまれるんだなぁ・・
よく考えると私も『気に入ってる絵=デッサン(と下書き)に時間をかけた』の法則が当てはまるんですよね。途中で諦めなかったというのもありますが・・・
土台って大事だなと改めて思いました。

澄田楽美 | URL | 2006-06-24(Sat)06:57 [編集]


私は、美術短大でした^^
学校入ってからは全然デッサンしなかったので、やってたのは主に高校の3年間ですけどね。
デッサン、12時間くらい時間かける時もあるみたいですよ。私はいつも6時間でしたが。と言ってもぶっ続けで描くんじゃなくて、週一で2時間ずつ画塾で描いてたんですけどね。たまに学校とかの講習でぶっ続けで描いた時もあったかな? 今思えばデッサン修行時代ってのもいろんな事があって面白かったなぁ。

そうですねー、時間かけて丁寧に描いた絵は、何年経ってもさほど恥ずかしい絵に見えないというのはありますね。私の場合、ほとんどの絵は1年も経つと見るのも恥ずかしくなってきますけどね(笑)
面倒でも、じっくり時間をかけるって大事な事ですよね。

天野はるか | URL | 2006-06-24(Sat)22:49 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。