絵コラム

日常の事や萌えを語ったり漫画を連載したり…

山陰の旅

3連休で島根県に行ってきました。
もうすぐ里帰りなので、出産前に旦那と二人で最後の旅行のつもりでした。

島根って広島の隣のくせに、岡山と鳥取を経由して行かなくてはならないという、すごい場所です。
一泊して出雲大社と足立美術館の予定だったのですが、呉から出雲大社って6時間もかかるんですよ。片道で。
6時間あれば群馬の実家に帰れます(笑)

岡山からスーパーやくもっていう特急に乗ったのですが、この電車が物凄い揺れるんです。
後でググって知ったのですが、ゲロ電車として有名だったみたいです。ご気分の悪くなった方へと、エチケット袋が用意されてました。
私はうっかり車両の一番前の席に座ってしまったため、中でも揺れが酷い場所だったみたいです。
出雲まで3時間くらいなのですが、1時間くらいで気分悪くなってました。
対処法としては、寝てしまうのが一番ですね。
気持ちをごまかしつつ安来を通過した辺りで、今度は物凄い豪雨になってきました。
途中で電車が一時停止し、豪雨が去ったあとで運転再開したのですが、なんと時速15キロでの走行となってしまいました。
揺れは無くなりましたが、走った方が早い遅さ…!
もうこれ以上電車に乗るのも嫌になってきてたし、また豪雨が降りそうな感じでもあったので出雲大社は諦めて宿に入る事にしました。

松江駅で下車したら、駅が冠水してました。
帰りの電車もまともに走るか分からないので、割高でしたがタクシーで安来の宿まで引き帰しました。
タクシーの運転手さんに、あそこが黄泉の国の入り口だよとか、いざなみを祭ってる神社があそこだよとか、いろいろ教えてもらいました。
神話の国にきたのだなぁと実感。

で、予定より早めにホテルにチェックインして、安来の駅の観光プラザでお土産を購入。
再びホテルに入って少しゆっくりしてたら、台風接近のため、急遽旦那に出勤命令が…!!
尾道の時に続き、またすぐに帰る羽目になりました。
今回は旦那だけw

島根まで来てお土産だけ買って帰るという、なんともかわいそうな旦那…。

最後の思い出作りのはずが急きょ一人旅になってしまって、私もちょっと凹みましたが、翌日は気を取り直して一人足立美術館へ。

120916.jpg

雨も降らずに良い天気でした。
足立美術館は一人旅の女性も結構いたので、そこまで淋しい思いをする事もなく、自分のペースでゆっくり見て回りました。妊婦で一人でウロウロしてるのは流石に私だけでしたがw

120916_2_20120918135142.jpg

窓を額縁に見立てて1枚の絵の様に見せてる場所がいくつかあって、感動でした。
季節によっても景色が変わるので、いろいろ落ち着いたらまた違う季節に来たいですね。

楽しみにしてた横山大観部屋は思ってたより狭くて作品数も少なかったのですが、目的の「紅葉」は見られました。

新館の方では現代日本画家の展示会をやってて、院展の歴代受賞作品(足立美術館賞)を中心に、受賞作家さん達の作品展示会をやってました。
全部の絵に作家さん本人の解説が付いたのが嬉しかったです。
本人の解説を読みながら絵を見るとまた感慨深くてかなり感動でした。

院展は私が一番好きな公募展で、学生の頃からほぼ毎年見に行っていたのですが、今まで見た作品で凄く印象に残ってた作品達をまた生でみられる事が出来て感動でした。足立美術館賞の作品ってかなり良い作品が多いので、結構印象に残ってたりしてるのですよ。
現代日本画って、ファンタジックで綺麗な絵が多いので、伝統的な日本画よりむしろ好きです。

そんな訳で、一番じっくり見たのが新館でしたね。

庭に茶室に陶芸部屋に日本画部屋に…といろいろ盛りだくさんの美術館でしたが、2時間もあれば十分な感じでした。
私は余裕を見て3時間後のシャトルバスの整理券を貰っていたので、時間つぶしにゆっくり昼食を食べて、お土産を見て、ついでに新館にもう1度入ったりなどしてました。

そんなこんなでいろいろありましたが、ずっと前から行きたいと思い続けてた足立美術館へやっと行けて良かったです。

ただ、本当に物凄く辺鄙な場所にあるので、今度行くときはバスツアーとかにした方が楽かもな、なんて思いました。

ちなみに、スーパーやくもは帰りはグリーン車にしてみたらマシでした。
帰りは酔う事もなく、窓から景色を堪能する余裕もありました。
やくもから見える景色はひたすらパノラマな山で、それなりに綺麗だなという事に気が付きました。

スポンサーサイト

PageTop

帰ってきました。

ミクシーやフェイスブックでも同じような日記書いてるのですが、大阪旅行から帰りました。
美味しいもの食べてきましたよー。

120807.jpg

毎度お約束の551。
夏季限定のアイスも食べてきました。
あのアイス、宅配だと30本からという大量発注しか出来ないため、旅行に行った際に現地で食べるしかないのが惜しい。
10本ずつくらい買って帰ってる地元の人が羨ましいったら!

1208072.jpg

なぜか1品でコース料理以上のお値段のウニイクラ丼(下にご飯があります)
旦那の友人からご馳走になりました。
もちろんコース料理も。
いつかお返しせねばなりませんね(^_^;)

120809.jpg

そして串かつは外せません。
てコレはお店のショーウィンドウですけど。
同じフロアーで毎度お約束の風月のお好み焼きを食べた後に、やっぱこのお店にすれば良かったと後悔したのでした。

その他にもいろいろ食べたけど、なるべく動き回ったおかげで体重はキープしてます。

あと花月に行ってきました。
初めて生で漫才や落語を聞きました。子供が多かった事もあってネタも分かりやすくて面白かったです。
真っ最中に平気で席を立ってトイレに行ったり飲食物を購入してきて食べてたりしてる雰囲気が大阪ならではというか、気楽で良かったですね。

旦那は4000円のチケット代は高いと言うのですが、たっぷり2時間楽しめるし妥当じゃないですかね。
まあ、新喜劇はテレビでも放映しますけど。

PageTop

江田島サマーフェスタ

みんなが花火大会の話でもちきりな今日この頃ですが、私はというと、今年はまだ花火を見ていませんでした。
群馬へ帰省している間に呉と広島の花火大会が終わってしまい、毎年見てた実家近くの花火大会は呉へ戻った後にあったというね。

で、今からでも行ける花火大会がないか探した所、江田島の花火大会と、宮島の花火大会がありました。
あの安芸の宮島で花火大会があったなんて、是非行きたい!と思ったのですが、これがまた当然ながら凄い人気らしく、妊婦の私にはとてもキツそう。そして、その日は旦那も当直という事もあって、行けるのが江田島の花火大会のみとなりました。
江田島なら近いしいいじゃんと旦那と一緒に行ってきました。

江田島と言えば、自衛隊の幹部候補生学校がある場所で、そこで修行した経験がある旦那は、当初はあの島には渡りたくないと言っていたのですが、一緒に行ってくれました。

江田島市のお祭りなのですが、実は開催場所は自衛隊の第1術科学校の敷地を借りているんですね。
半分は自衛隊のお祭りみたいなものでした。
当然ながら旦那の職場の同僚やら上司やら沢山いたりして、いろんな人と久々に再会したり出来たみたいだし、旦那もそれなりに楽しそうでした。
自衛隊のお偉い上官って怖いイメージがありましたが、今まで会った人達は皆良い人そう…というか、すごく優しそうです。実際優しくて写真撮ってくれたりしました。

1208044.jpg

こちらは、国旗を降下する際のラッパ隊の人たちです。
肝心の国旗降下の瞬間の写真が無いのは、その間は直立不動でないといけないから。
別に自衛隊員じゃない人も、その場にいる人はみんな起立して国旗の方を見るように促されました。
まあ、気にせずウロチョロしてる若者も多少はいましたけど。(ラッパ隊に混ざって行進してしまう子供も^^;)
写真撮ってる人もいたけど、本当はダメなんですよねぇ、たぶん。

1208043.jpg

花火開始直前まで延々続く盆踊り大会。
幹部候補生の学生達がマルモリダンスを踊ったりなどしてました。
明日から夏休みという事で、学生達もみんな凄く楽しそうでした。

1208042.jpg

そして花火。
かなりショボかったけど、見られて嬉しかった!
学校の木の陰に隠れちゃって、低い位置で上がってる花火はあまり見られませんでした。
花火の時間は8時から30分間なんだけど、呉へ帰るフェリーの関係で、15分だけ見て帰りました。

1208041.jpg

ライトアップされた学校の講堂の窓に映った花火が綺麗だったので。
この学校は建物が綺麗だし、お近くの方は一度見学に来ると良いですよ。

私は去年一人で見学に来てます。確かブログにも書いてたような。

帰りはバスもフェリーもぎゅうぎゅう。
結構疲れました。
江田島の花火大会でも疲れるんだから、宮島の花火大会は死亡フラグですね。

ちなみに、宮島の花火大会は今月11日です。
体力に自信のある方は行くと良いと思います。

PageTop

秋休み♪江田島旧海軍兵学校見学ツアー

1110016.jpg
いよいよ、最終日。この日はまたフェリーに乗って江田島へ行きました。
ちなみに彼は仕事が忙しいと一足先に江田島へ戻ってしまいました(泣)
一人旅となりましたが、彼の職場を見学に行く事にします。

呉から江田島の小用港までフェリーで20分、そこからバスで術科学校前まで行きます。
術科学校前で降りても市庁舎みたいな建物しか見えなくて何処に学校があるのか分からなくて焦った。
妙な小路に入り込んで迷子みたくなったけど、素直にバス停の道に戻り、そのまま道なり降りてったらすぐに「海上自衛隊第一術科学校」の門まで着きました。

が、本当に見学できるのかドキドキした。
門の前に自衛官さん(守衛さん?)立ってるし、勝手に入ってったらしばかれるんじゃ…と思いつつ「見学したいんですが」と行ったら、30分前から受け付けだから、時間まであそこで待っててと言われました。
「あそこ」というのは学校の目の前の「ふるさと資料館」なのですが、全く土地勘が無いため、またしても「学びの家(?)」とかいう別の資料館に行ってしまったりするw
時間になってもう一度学校へ行ってみると、何人か見学者が受付をしてました。
ちなみにここ、あくまでも学校なので見学者の服装にも制限があります。キャミソール、丈の短いスカート、成人男性の短パン、ダメージジーンズ等はNGだそうです。ゴスロリとかもダメでしょう。
受付がすんだら、後は集団行動となって、自衛官OBのおじちゃんにガイドして貰いながら敷地内を歩き回りました。

1110011.jpg

幹部候補生達の入校式や卒業式を行う建物だそうです。かなり立派。
旧海軍兵学校と言ってますが、今も使ってる施設です。

1110012.jpg
中はこんな感じ。かなり音響が良いです。
かつて昭和天皇とかも来たらしいです。

1110014.jpg
幹部候補生学校。
海上自衛隊の幹部になる人達が必ず入る学校です。学校の前の砂利が綺麗に掃いてあって、寺の日本庭園みたいにスジが入ってるんです。見学者達が知らずに踏んでましたが、朝夕学生さん達が掃いてるので、あまり踏まないであげてと言われましたw物陰から学生さんが見てるかもしれませんよと(笑)

1110013.jpg
土曜日なのに訓練してました。
そんな訳で向こう側には行けませんでしたが、奥に桟橋があって、幹部候補生学校を卒業するとそこの桟橋から数カ月の遠洋航海に出るのだそうです。

1110015_20111003223051.jpg
教育参考館。
海軍誕生から太平洋戦争終戦までの貴重な資料がずらりと入ってる所。
一番の見どころですが、30分しか時間がもらえません。かなり駆け足で興味の無い部分は容赦なく飛ばしながら見ないと、とても全部見切れません。
ここで藤田嗣治と横山大観の絵が見られたのはすごく嬉しかったです。
あと、日露戦争時代の陸海軍将校達が書いた寄せ書き的なモノが展示してあって、秋山好古、真之兄弟や森鴎外等々凄い方々達の達筆なサインが並んでいたのですが、真之だけ鯉の絵が描いてあったのが良かった。(文字は無しで絵のみ)この人のこういう所が好きだなぁと思ったよ!

あとは、戦死した方々の遺品とか遺書とか。
こういうのを見るのは辛いですね。好き好んでみたくないんだけど、またしても見てしまったなぁ。
原爆資料館程の悲惨なモノは無かったですが、ちょっとでもクレームが来ると全部仕舞ってしまうので置いてないのだそうです。

ガイドさんも通常の博物館とは違いますからと言って、一礼してから中に入ってました。
何というか、神聖な場所ですよね。

以上、すべての見学所要時間は1時間30分程。結構ボリュームあります。
無料で見学できるので、一度行ってみるとそれなりに楽しいかもしれません。
自衛官さんの世界とか普通未知の領域ですからね。

近くに軍艦があるわけでもないし、雰囲気は普通の大学とかとあまり変わらないなと言った感じでした。
上記の様な施設が立派ですけど。

この後は呉に戻って大和ミュージアムでも見ようかと思ってたのですが、江田島を出たのが14時30分。時間切れでした。それから真っすぐ家に帰って、帰宅したのが21時30分頃でしたとさ。







PageTop

鎌倉・横須賀旅行記

鎌倉と横須賀に行ってきました。

1106196.jpg
拠点は田浦です。
鎌倉から約30分くらいで横須賀の手前の駅ですね。
横須賀と言えば、hideの故郷だしオシャレな都会なイメージがあったのですが、田浦に関して言えば素敵な田舎でした。
トンビと鶯が鳴いており、暴走族が通過してなければとても静かな山間の住宅街です。
坂道を下りたり上がったりした所に住宅街がある感じが耳をすませばの世界みたいで、素敵でした。

神奈川ってやっぱりどっかお洒落で好きだなぁ。

1106197.jpg

鎌倉はちょうど紫陽花が見ごろで、雨だったけどめちゃくちゃ混んでました。

1106199.jpg

江の島まで足を運び…

1106198.jpg

島には上陸せずに、しらす丼を食べました。
運が良ければ生しらすが食べられます。生しらす、臭みが全くなくてかなり美味しかったのですが、量が多すぎて食べきれませんでした。タッパーに詰めて持ち帰りたかったよ。

1106192.jpg

横須賀では、軍港めぐりをしました。
初めて本物の軍艦を生で見ました。なんちゃって海軍みたいな格好をしたお兄さんがしょうもないギャグを交えながら、その日に港にいる船と、周辺の軍事施設等の説明をしてくれます。
止まってる船はその時によって違うので、ここに来るたび軍港めぐりしても良いなぁと思いました。

110619.jpg

その後はドブ板通りへ。面白いお店が沢山あったけど、この通り自体が予想外に短かったです。

1106193.jpg  1106194.jpg

そして、最近横須賀でカレーの次に名物になっているらしい、ネイビーバーガーを食べました。
ネイビーとは、海軍っていう意味です。
米海軍からレシピが伝わったらしい。
ボリューム満点でめちゃくちゃ美味しかったです。
ちなみに、海軍カレー屋さんもネイビーバーガー屋さんもあちこちにありました。

1106195.jpg

その後は三笠公園へ。
日本海海戦で活躍した船です。中は博物館になっていて、これまたボリュームがすごい。
戦艦好きには堪らないんじゃないですかね。船の甲板をウロウロしたり、実際にどういうふうに戦ったのか解説のVTRを見たりここでも蝋人形がいたり…。
東日本大震災の自衛隊災害派遣のコーナーが早くも出来てました。
テレビだと陸自の活躍しか伝えてないので、空自と海自の活躍を見るのが新鮮でした。
空自と海自は何もやって無いじゃんとか思わないでね(笑)ちゃんと被災地に行ってます。

歩き疲れて、横須賀の写真はあまりないと言う。
後は普通にショッピングモール的な所があったり、アーケード街があったりとごく普通の街なのですが、ごく普通に米人のファミリーが沢山歩いてるし、軍服来た若者が沢山いました。
横須賀で見かける軍服の人ってのは、てっきり仕事中の方なのかと思っていたのですが、歩いてるのは教育隊の人達でした。今年入隊したばかりの若い子達です。教育期間中は公私関係なく軍服来てないといけないのだそうです。
日曜日だったので、軍服のままデートしてたり友達ときゃっきゃしてたり(笑)
軍服着てない自衛官さんも沢山いたと思うので、横須賀ってたぶん半分以上の人が米軍か自衛官かもしくは、そのファミリーなんじゃないですかね。

独特な街で面白かった。


PageTop